iPhone関連情報 iPhone修理のアイプラス

iphone修理のアイプラス 京都アバンティ店

アイプラス電話番号

googleマップ

店舗へのアクセス

アイプラス電話番号

アイプラスメニュー

iPhoneお役立ち情報

一覧

「リンゴループについて」エラーコード4013?更新、復元ができない。データはどうなるの?

2020/08/29

iPhone修理のアイプラス 京都アバンティ店です!

本日も10時〜21時まで営業しております!!

 

本日はiPhoneのアップデートでエラーが出た際に非常に厄介な「エラーコード4013」の解決方法を解説していきます!

リンゴループ!?

よく修理のご依頼であるのが再起動を永遠と繰り返し起動しないiPhone、いわゆるリンゴループという故障ですね。。

リンゴループになってしまうとiPhone自体がさわれなくなり、全く使える状態ではなくなります。

こういった症状、急に起こってしまうとかなり焦りますよね。

まずリンゴループしてしまうのに様々な原因があります!

 

リンゴループになる原因!?解消方法!!

まずリンゴループは何が原因で起こってしまうのか?

これは様々原因はあり、ひと目ではわからないものなのです。

1つ目「パーツ故障の可能性!?」

iPhone7やiPhone8、iPhone7プラス、iPhone8プラス、でよくあるのがホームボタンの故障です!

上記の4機種はiPhoneのつくりが非常に似ています。

上記4機種はホームボタンが故障するとリンゴループになることがあります!

画面ディスプレイにホームボタンがついており、画面が基盤へとつながります!

ホームボタンと基板は直接繋がっておらず、画面のパーツを挟んで基板へと繋がります!

ですのでホームボタンが故障してしまった際は、ホームボタン本体を取り換えるか、画面を取り替えます!

これをするだけでリンゴループは解消されデータもそのまま残ります!

パーツ故障だったため、iTunesに繋いでアップデートをしても治るはずがありません!

だからエラーになってしまうのか!!

 

2つ目「基板の故障」

基板が故障しリンゴループになることもあります!

この場合は基板修理でデータが返ってくる可能性もありますね!

ですが高度な修理技術が必要なためどこのお店でもやっているわけではございません。

基板修理を行なっている店舗を探さないといけませんね。

基板が故障しているかの判断は非常に難しいがiPhone修理店へ修理に出すとどこが悪いのかは

教えてもらえます!

基板修理の場合は100%治るものではありませんが、治れば基本的にデータの復旧もできています!

ですのでデータが諦めれない方はおすすめです!!

 

3つ目「ソフトウェアの故障」

ソフトウェアがぐちゃぐちゃになりバグってしまうことがあります。

その主な原因はデータ容量が多くなりiPhone側で保存しきれなくなった場合に起こったり、

バージョンの古いOSから一気に最新までアップデートした際に起こったり、

ソフトウェアの故障もいろいろありますよね。

データ容量がいっぱいになった際にリンゴループしてしまうとデータの復旧はできません。

データを全て消すためにiTunesで復元をしなくてはなりません。

ですがこの場合だと主にデータ容量が起動の邪魔をしていますので復元をすることにより

他の箇所が潰れない限りは長く使えます!

バージョンの古いOSから一気に最新までアップデートした際にリンゴループしてしまう場合はiTunesにてアップデートをすることにより治るケースがあります。

どちらも1回のアップデートや復元で治ればいいのですがエラーが出ることもあります。

その場合はリカバリーモードからDFUモードへ変更してから復元を試みるか、接続コードを純正製品を使ってみてください!

他にもPC自体を変えてみたり、PCのiTunesを最新のバージョンまでアップデートすることも大事です!

「エラーコード4013」

基板の故障やソフトウェアの故障などでリンゴループになった際にアップデートや復元を行いますが

エラーになり、接続がきれたりします。その時に出るエラーコードが重要で、何が原因になっているかを示してくれます!ただ、かなり厄介だと言われるエラーコード4013が出るとどこの修理店でも治せないことが多いですね。現に当店でもかなり苦労しております。

もちろんお客様より初期化の許可もいただきできる作業は全て行うのですが、エラー、エラーと全て弾かれます。

ここまでこれば諦めて正規店へ本体交換となりますがなかなかデータの諦めってつかないですよね。

実はまだ諦めるのは早いです!

iPhoneX、iPhoneXS、iPhoneXR、iPhoneXSMAX、iPhone11、iPhone11プロ、iPhone11プロMAXなどの機種であれば一度試して欲しいのがイヤースピーカーの配線を抜いてアップデートを試してみてください!

当店ではこれで何度か治っており、データをそのまま残すことに成功しております!この場合は復元してしまうとデータが残らないので必ずアップデートを行なってください!

お客様はお近くのiPhone修理店へご依頼してみてください!

この場合イヤースピーカーのパーツが故障しており、リンゴループしていました!

それは見た目ではなかなか気づかないので最初にリカバリーモード入れアップデートをすると思います。

その時にエラーが出て、エラーコードが出ますがその番号は4013なのです!

エラーコード4013は他の原因での故障の際にも出ますので必ずしもイヤースピーカー故障が原因のエラーコードではありません。

 

危うく治らないものだと諦めてしまうとこでしたが最後までいろいろ試してみてよかったです。

ただしこの場合にデータ復旧ができてもイヤースピーカーのパーツを交換しない限り通話をスピーカーやイヤホンでしないといけなくなります!それに起動したからといってもう一度イヤースピーカーの配線を戻すとまたリンゴループします。ですのでデータのバックアップをしっかりとって買い替えるかイヤースピーカーの修理をお勧めしております。

iPhone7、iPhone8、iPhone7プラス、iPhone8プラスはホームボタンを一度外して同じようにアップデートしてみてください。

治るかはわかりませんが試してみる価値はありますね!

他にもエラーコード9、4005、4014はかなり厄介です。

同じように試したが治らないケースもかなりあり、苦汁を飲んでおります。

 

リンゴループになった際はどういった状況でこの症状になってしまったのかが大事ですので

ご来店の際は常に教えていただいて作業を行なっております。

 

リンゴループの修理は時間もかかり、知識もかなり必要ですので日々勉強ですね!

リンゴループになってしまった際は一度アイプラス 京都アバンティ店にご相談ください!

 

 

店舗アクセス

店舗名アイプラス 京都アバンティ店
住所〒601-8003 京都府京都市南区東九条西山王町31 京都アバンティB1F
営業時間10時〜21時(定休日なし)
TEL075-748-8757

 

iphone修理の流れ はじめて修理される方へ
iphone安心無料保証
iphone修理価格一覧表
iPad修理価格一覧表
キャンペーン情報
アイフォン修理全部割
バッテリー診断
ペア割

アイフォン修理facebook割り

アイフォン修理よくある質問

アイプラス スタッフ募集

アイプラス加盟店募集

iphone買取サービス

PAGE TOP