iPhone関連情報 iPhone修理のアイプラス

iphone修理のアイプラス 京都アバンティ店

アイプラス電話番号

googleマップ

店舗へのアクセス

アイプラス電話番号

アイプラスメニュー

iPhoneお役立ち情報

一覧

iOS15、iPhone6Sもアップデートできます!!!

2021/06/16

皆様も、2021年の秋にリリースされるiOS15

アップデートが来るのを待ち遠しく思っているのではないでしょうか!!(*^▽^*)

注目すべき点は、アップデートの進化はもちろんのことですが

2015年9月に発売されたiPhone6sと、

2016年3月に発売されたiPhoneSE(第一世代)も

含まれているという点です!!!!!??

 

なぜ、6年前の端末が今回のアップデートに生き残れたのか

その理由を考えてみました(=^・^=)!!

 

 

~「6年前の端末をサポート」は過去最長~

過去のアップデートでは、2020年にリリースされたiOS14および

2019年のiOS13も「iPhone6s以降」の端末を

アップデート対象内にしていました。

また、2018年のiOS12と2017年のiOS11は

「iPhone5s以降」 2016年の年のiOS10は、

「iPhone5以降」 2015年のiOS9と2014年の

iOS8は、「iPhone4S以降」が対象でした。

4年~~5年前までの端末がアップデート対象内と

なることが恒例だったのでした。

 

OS発表時点で「4~5年前に発表された端末」まで

アップデート端末内だったのが

今回のiOS15は、6年前のiPhone6Sが対象になったので

過去最長ということになります!!!

 

なぜ、iPhone6Sはサポート対象になったのか?

ここでiPhone6Sはどんな端末だったのか振り返ってみましょう\(^o^)/!

 

iPhone6Sは、2015年9月に上位モデルの

「iPhone6S+」と共に発売を発表されましたが

外見はiPhone6から大きな変化はなかったものの

プロセッサーに採用されている「A9チップ」は、

仙台のA8チップと比較してCPU性能で70%、GPU性能で90%を

上回るパフォーマンス向上を実現したとその性能がアピールされていて

 

カメラ性能も、目インカメラ1200万画素

フロントカメラ500万画素と、iPhone6のメイン800万画素

フロント120万画素から向上。

動く写真を撮影できる「live photo」や、4K動画の

撮影に対応したのもこう機種からです

 

これらのうち今回アップデートに生き残れた要因

として最も大きいのは、A9チップが最新のOSに対応できるレベルの

性能を持っていたという点だと考えられます。

 

 

iOS15は、優れた機能の追加がたくさんあるので

iPhone6S以降の方は、是非アップデートしてみてくださいね(o^―^o)

 

 

iphone修理の流れ はじめて修理される方へ
iphone安心無料保証
iphone修理価格一覧表
iPad修理価格一覧表
キャンペーン情報
アイフォン修理全部割
バッテリー診断
ペア割

アイフォン修理facebook割り

アイフォン修理よくある質問

アイプラス スタッフ募集

アイプラス加盟店募集

iphone買取サービス

PAGE TOP