iPhone関連情報 iPhone修理のアイプラス

iphone修理のアイプラス 京都アバンティ店

アイプラス電話番号

googleマップ

店舗へのアクセス

アイプラス電話番号

アイプラスメニュー

iPhone修理ブログ

一覧

京都市下京区安土町 より 【iPhone13 水没復旧】

2024/01/08

京都市下京区安土町 でiPhone/アンドロイドのスマホトラブルが
起きたら修理はアイプラスアバンティ京都店にお任せ下さい!

 

 

①本日の修理ブログ

京都市下京区 iPhone13 水没復旧

 先日、水没してしまったiPhone13の復旧作業のご依頼を頂きました! お持ち込みいただいた当初は、完全に電源が入らず反応が無い状態でした。

 iPhone13は、Apple公式よりIP68と呼ばれる防沫性能、耐水性能、防塵性能を備えていると説明されており、水深6メートルで最大30分の耐水性があるとも言われております。これを読んでiPhoneが防水スマホであると勘違いする人が続出しております。

 確かに、こちらのサイト(【解説】防水・防塵性能を示すIPコードって?)からもわかるようにIP68等級は高い防塵性・防水性を持つ機器に対して使用される数値ではありますが、iPhone13の詳しい仕様を読むと、

 『iPhone 13は防沫性能、耐水性能、防塵性能を備えており、実験室の管理された条件下でのテストにより、IEC規格60529にもとづくIP68等級に適合しています(最大水深6メートルで最大30分間)。防沫性能、耐水性能、防塵性能は永続的に維持されるものではなく、通常の使用によって耐性が低下する可能性があります。』(引用:https://www.apple.com/jp/iphone-13/specs/

と記載されております。ここからもわかる通り、Appleは一度もiPhoneが防水性を持っているという表現はしておらず、ここの表現の線引きによってかなり端末の性質が変わってきます。防水性があると公表されていない端末は、基本的に水場には持ち込まない方が良いでしょう。この線引きは最新のiPhone15シリーズでも同じことです。

 

②水没しやすいiPhoneとは!?

  iPhoneは、使用するユーザーの環境や使用方法によって、寿命がかなり変わってきます。iPhoneだけでなく全ての精密機器にとって天敵と言えば、水分です。これには目に見える水滴だけでなく水蒸気や湿気も含まれます。ある特定の使い方をされているiPhoneは、特にこの水分に対しての耐性が著しく弱まっている可能性があるんです。

 それは、常習的に風呂場など湿気と熱のある環境で使用されている端末です。

 iPhoneの画面とフレームの隙間には、強い粘性のテープが貼ってあります。このテープが、iPhoneの水に対する一番の弱点である画面とフレームの隙間を埋める事で、高い耐水性を維持しています。しかし、このテープは熱に非常に弱くできているんです。これは、分解を簡単にするためです。我々修理業者も、iPhoneを分解する際、ヒートガンを使用してこのテープを温めることで分解をスムーズに行います。

 つまり、先ほどの引用文にも記してあったように、通常使用によってこの粘性のテープは弱まっていってしまうんです。そのスピードを加速させる要因が、熱や湿気というわけです。実際、水没の症状で当店に持ち込まれる方の大半は風呂場での使用経験があり、その方々のiPhoneのテープは非常に弱まっていて容易に分解が可能なんです。

 もし、どうしても風呂場でiPhoneを使いたいという方がいらっしゃいましたら、海などで使用する防水ケースの購入をおすすめ致します。あるいは、防水加工のあるアンドロイド端末などをサブ機として購入しましょう。

③iPhoneが水没してしまったら・・・?

 iPhoneは水没前に、警告を出す事が多いです。例えば、

iPhone 水分検出

(引用:https://support.apple.com/ja-jp/HT210424

 このように水分の検出を教えてくれる場合があります。これを無視して充電したり乾燥させなかったりすると、何かしらの不具合が出てきてしまう可能性が高くなります。

 水没の症状としましては、突然の起動不良やブラックアウト、特定のパーツのみの水没によるリンゴループ、画面の滲み、スピーカー故障などがあります。

 

 もし、水場に持って行った後にそのような症状がありましたら、水没の可能性がありますので、以下の点に注意してください。

・水分を出そうとして振り回すことはしないでください。

自然に水分が外部へ出ていく事はありません。振ってしまうと内部で水分が動き、様々なパーツに被害が飛び火する可能性があります。

・充電器に差しっぱなしにしないでください。

なるべく水没当初の状態を維持して下さい。無理に通電させると、基盤が故障して修理不可状態になる、いわゆる文鎮化する可能性があります。この状態のiPhoneからデータを取り出せる可能性はかなり低いです。

・速やかに修理専門店へお持ち込みください!

アイプラス京都店なら、内部を分解した上での乾燥作業、水分除去、パーツ交換による復旧作業が可能です。基板が故障している場合でも、基盤修理に出すことができます。また、先述した耐水テープを新しいものへ交換する事も可能です!!

 

 このように、水没後の対応は時間との勝負です。復旧までの時間が短ければ短いほど、データと本体の生存確率が上がります。水没してしまった際は是非、アイプラス京都店までご相談下さいませ!! 経験豊富なスタッフがしっかりと対応いたします!

 

★ネットからのご予約・お問い合わせはコチラ★

 

iphone修理の流れ はじめて修理される方へ
iphone安心無料保証
iphone修理価格一覧表
iPad修理価格一覧表
キャンペーン情報
アイフォン修理全部割
バッテリー診断
ペア割

アイフォン修理facebook割り

アイフォン修理よくある質問

アイプラス スタッフ募集

アイプラス加盟店募集

iphone買取サービス

PAGE TOP